当社は6月8日(土)~9日(日)に大阪国際会議場で開催される「第65回日本臨床細胞学会総会春期総会」にて新製品を展示します。 
当社は、顕微鏡検査へのAI活用で病気の早期発見や治療の精密化を目指しております。顕微鏡検査は細胞診や病理診断などで広く活用されておりますが、専門家の手技や経験、知識に大きく依存し、効率化や精度の安定化などが課題となっておりました。当社はこの課題に応えるためのデジタル化技術およびAI解析技術を独自開発しており、今回は細胞診のアップデートを目指した戦略的新製品を発表します。 

第65回日本臨床細胞学会総会春期大会HP 

3月28日(木)~30日(土)に名古屋国際会議場で開催される「第113回日本病理学会総会」に出展します。ブースでは細胞診のデジタル化を実現する3DスライドスキャナSHIGIの実機を展示します。

第113回日本病理学会総会HP

11月4日(土)~5日(日)に福岡国際会議場で開催される「第62回日本臨床細胞学会秋期大会」に出展します。また、ブースではスライドスキャナSHIGIを展示します。

第62回日本臨床細胞学会秋期大会HP

新田代表取締役及び杉山プロダクトマネージャーのインタビュー記事「現場の理解から生まれた細胞診断AIと顕微鏡がもたらすがん診断のイノベーション」が、三菱地所株式会社が運営するクロステック(xTECH)に2023年9月19日付で掲載されました。

  • xTECH

がん細胞診断のイノベーション

当社が2023年9月11日発売『週刊東洋経済』9月16日・23日合併号の特集「すごいベンチャー100 2023年最新版」に掲載されました。
「すごいベンチャー100」2023年最新版・全リスト イノベーション起こす未来のユニコーンはここだ

8月24日(木)~26日(土)にウインク愛知で開催される「第21回日本デジタルパソロジー・AI研究会総会」に出展します。25日のランチョンセミナーおよび26日の「デジタルサイトロジーの現状と展望」のセッションにて当社代表の新田が講演いたします。展示ブースではSHIGI装置を展示します。

第21回日本デジタルパソロジー・AI研究会ホームページ

当社設立の技術的基盤を形成した論文がFrontier of Science Awardを受賞し、新田尚・代表取締役および合田圭介・取締役らがInternational Congress of Basic Science (ICBS)第一回大会(中国・北京)にて催された授賞式典に参加しました。

シリーズAでジャフコおよびインキュベイトファンドより4億円の資金を調達しました。この資金を活用して、SHIGIをベースとしたAI医療機器の開発および事業化を推進し、2024年度中の販売開始を目指します。

6月10日(土)~11日(日)に名古屋国際会議場で開催される「第64回日本臨床細胞学会春期大会」に出展します。また、本大会のワークショップ9「頸部の良性変化/病変の細胞診精度」に、当社のSHIGI技術で撮像した細胞診バーチャルスライド画像をご提供しております。 

事業拡大に伴い、本社を移転致しました。
 
新住所:
東京都江東区青海2-4-10
都立産業技術研究センター製品開発支援ラボ301
株式会社CYBO