知らせ 2020

2020年7 月10日

論文公開についてのお知らせ

科学誌「Nature Communications」オンライン版に、Raman image-activated cell sorting (RIACS) の論文¹が掲載されました。この論文について東京大学²がプレスリリースを行いました。

1. Nitta et al., Raman image-activated cell sorting. Nature Communications (2020)

2. 東京大学大学院理学系研究科・理学部 プレスリリース「細胞をありのままの姿で超高速選抜、世界初のラマン画像活性細胞選抜法

 を開発」(2020/7/10)

2020年6 月24日

当社開発部長の杉村武昭が第1回 ISAC Innovatorsに選出

当社開発部長の杉村武昭が ISAC Innovatorsに選出されました​。詳細はこちら

2020年6 月17日

AMED「医工連携イノベーション事業(開発・事業化事業)ベンチャー育成」に採択

当社の「腺癌を自動検出する3D 細胞診システムの研究開発」がAMEDの令和2年度「医工連携イノベーション推進事業(開発・事業化事業)ベンチャー育成」に採択されました。​

2020年6 月5日

AIソフトウェアの開発契約をオンコリスバイオファーマ社と締結

当社は、AIソフトウェアの開発契約をオンコリスバイオファーマ株式会社と締結しました。本契約で当社は、画像活性セルソーターENMAおよび高速自動顕微鏡SHIGIで開発を進めているAI技術を活用して、自動細胞解析用ソフトウェアを開発します。詳細はニュースリリースをご参照ください。​

2020年4月8日

当社代表取締役の新田尚が文部科学大臣表彰において科学技術賞を受賞

「インテリジェント画像活性細胞選抜法」の業績において、合田圭介・東大教授および小関泰之・東大准教授と共に当社代表取締役の新田尚氏が令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)を受賞しました。​詳細はこちら​

2020年2月4日

がん研究会との共同研究契約締結のお知らせ

 

当社は、SHIGI プロジェクトで開発を進めている高速自動3D 細胞診システムについて、子宮頸部細胞診への応用に向けた共同研究契約を、公益財団法人がん研究会と2月3日付で締結しました。本共同研究ではがん研究会有明病院細胞診部(杉山裕子部長)に当社の高速自動3D 細胞診システムを設置し、細胞診標本2000 症例について評価試験の実施を予定しております。詳細はニュースリリースをご参照ください。

2020年1月31日 

nano tech 2020出展 

 

東京ビッグサイトにて2020年1月29日~31日まで開催された国際ナノテクノロジー総合展・技術会議nano tech 2020に出展いたしました。NEDO様ブース内での展示並びに、代表の新田によるショートプレゼンテーションを行いました。詳細はnano tech 2020 出展報告をご参照ください。 

K.K. CYBO © Copyright 2020. All Rights Reserved.